新市場開拓、販路開拓のための「広告効果検証」活用法

2020年06月03日

顧客獲得単価、インプレッション単価、クリック単価など、どのような広告指標を用いている場合でも、広告効果検証サービスはコンバージョン率の最大化やリード獲得を後押しし、広告から最大の利益を上げるために役立ちます。商品や業界によっては、初めて国際市場または海外市場に参入するのは非常に困難な作業です。クラウドソーシングによる広告効果検証は、海外市場向けにリスティング広告を最適化するための最も効率的な方法の一つです。 

クラウドソーシングは、二言語を使いこなすスタッフを調達したり、ターゲット層の評価者を見つけたりする上で特に重要です。当社はWeb検索結果の評価やアノテーション、広告効果検証などそれぞれ特定の役割に適した人材をグローバルに調達しています。世界中の数多くの国々で評価者を調達・雇用し、訓練を施しています。そこで、当社の広告効果検証サービスが新市場でコンバージョン率を上げるためにどのように役立つのかを五点に絞ってまとめました。 

 

新市場開拓に繋がる、広告効果検証サービスの使い方

初めて新市場に参入する際は考慮すべき事項が数多くあります。広告効果検証サービスを利用すれば、リスティング広告を最大限に活用するために万全の準備を整えることができます。

 

1. 高品質な翻訳文を使う

低品質の翻訳によるリスティング広告では、企業の印象が悪くなってしまい、リード獲得のチャンスがなくなってしまうでしょう。Google翻訳などの無料オンライン翻訳アプリの精度は向上していますが、自動機械翻訳の性能はまだ十分ではありません。特に、広告のニュアンスを訳出したり特殊なコピーを翻訳したりする場合は常に、望ましい言語ペアのプロの翻訳者が行う必要があります。また、実際にリスティング広告を公開する前に、第三者に翻訳を評価してもらうとよいでしょう。

当社は各市場でリスティング広告の翻訳文を修正する言語専門家が登録されています。言語学を専門とする20年間の実績を持ち、当社のトランスレーターは翻訳精度の確認だけでなく、広告コンテンツの評価も行います。

 

2. ユーモア、トーン、文化的レファレンスに関する広告効果検証

相手を爆笑させようと思って冗談を言ったのに、気まずい沈黙が流れたり、怪訝そうに見つめられたりしたことはないでしょうか。ユーモアは、習得するのが難しいデリケートなスキルです。別の言語に翻訳してユーモアを伝えようとする際は、より困難です。日本語を学習している外国人に日本語の冗談を言ってみれば、冗談やシャレ、言葉遊びがうまく伝わらないことがすぐわかります。ユーモアは文化によって大きく異なるのです。俗語やキャッチフレーズ、トーン、文化的レファレンスについても同様です。マーケティングチームが英知を集めて作った広告コピーでも、翻訳されると微妙な意味合いや機知が保持されません。文化的レファレンスも海外市場では理解されないでしょう。 

このような場合、適切なトーンを維持するため、ターゲット層に含まれる当社在籍の専門家が広告コピーを評価することができます。また、当社がクラウド調査を行って、広告の対象となる市場について知識のある評価者を探すこともできます。

当社のバイリンガルな評価者は、言語能力だけでなく、広告効果検証を行う能力をテストされ、特別な訓練を受けています。当社は、お客様のターゲット地域やターゲット顧客層の評価者を調達し、異なる言語でターゲット市場にアピールできるようにリスティング広告を翻訳することができます。

 

3. リスティング広告における検閲法

広告のビジュアルやコピーがどんなに優れていても、検閲されて市場に届かないのでは無意味です。地域によっては、日本と比べてコンテンツがより厳密に検閲される場合もあります。一部の国では、特にアルコールやタバコなど成人向けコンテンツの商品に関して、厳しい広告法があります。また、Facebook、Pinterestなどの様々な広告プラットフォームやソーシャルメディアプラットフォームも適切なコンテンツに関する厳格なガイドラインを持っている場合があります。当社はターゲット市場のガイドラインを確認して、お客様の広告コンテンツが広告法に違反しないようにすることができます。

 

4. リスティング広告の関連性を確保する

理論的には優れたリスティング広告なのに、実際のところ、コンバージョン率の改善につながらない場合があります。コンバージョン率を上げるための重要な要素の一つは、ランディングページの関連性です。つまり、ユーザーが広告をクリックすると、広告のコンテンツと一致するランディングページに誘導されるかどうかです。そのため、リスティング広告が公開される前に、広告の関連性をテストすることが重要です。コンバージョン率を改善するために、広告評価者が、関連性やターゲット層へのアピール度などの要素に基づいて、広告やランディングページを評価することができます。 

 

5. グローバル機能を保証するための広告効果検証 

最も重要な評価要素の一つなのにしばしば忘れがちなのは、広告の使いやすさです。広告の公開後、リンクは適切に機能していますか?ユーザーは適切な言語の適切なランディングページに誘導されていますか?VPN(仮想プライベートネットワーク)を利用して別の国のIPアドレスをシミュレートすることは可能ですが、広告をテストする唯一の確実な方法は、ターゲット市場の評価者に広告を直接テストしてもらうことです。 広告効果検証サービスを提供している企業は、ターゲット地域在住のスタッフを迅速かつ容易に調達できます。当社の評価者は、ターゲット地域のターゲットデバイス(Android、iOS、Windows、Mac)で広告リンクが機能しているかどうかを100%確実に検証できます。

 

広告効果検証の活用例

消費者は現在、これまで以上に便利で文脈的に関連したコンテンツの提供を期待します。その結果、人々が実際に見たい広告を表示することがますます重要になってきています。広告の関連性は全体的な顧客体験を向上させるだけでなく、広告主が広告キャンペーンから最大限の成果を引き出すことに繋がります。

SNSサイトは、世界中のユーザーに文化的及び文脈的に、関連性の高い広告を配信しています。当社は、世界最大のソーシャルメディア企業の一つのために、世界的規模で広告の関連性を高めるため、多様な地理的および人口統計的市場でユーザーからの広告評価を数百万件提供いたしました。こちらから詳細をお確かめください。

 

広告効果検証サービスをお探しの方へ

本記事は、広告効果検証を利用して新市場でコンバージョン率を上げる方法の中の五つを紹介いたしました。広告効果検証サービスが初期の予算に含まれていない場合もあるでしょうが、適切に行えば、長期的に大きな投資対効果を生み出す可能性があります。広告評価サービスを検討されているマーケティング担当者の方は、こちらから詳細をご覧ください。

必ずコンバージョンを高める、広告効果検証サービスを提供しております。

メディア掲載結果

    AI・機械学習の最新情報をお届けします!

    Lionbridge AIのブログで紹介している事例記事やトレンドニュースといったビジネスに役立つ情報はもちろん、オープンデータセット集なども合わせてメール配信しております。