AI x RPA で業務自動化する方法とメリット

2020年07月14日

RPAとは

RPAとは、Robotic Process Automation(ロボティック・プロセス・オートメーション)の略語で、日本語に直訳すると「ロボットによる業務自動化」という意味です。RPAは人間が支持したルールに従って、メール処理やPC操作などの作業を行います。

 

RPAのメリット

少子高齢化が進む中、人手不足の解決法のひとつとしてRPA導入が考えられますし、働き方改革や生産性向上の実現にも繋がります。

 

① RPAによる人件費削減

RPAの最大のメリットは、人間が行っていた作業を代わりに代行することで、人件費を削減できることです。ロボットを開発や導入し、自動化するコストは一時的なものであり、長期的には人件費より安くなります。

 

② RPAは24時間稼働させられる

ロボットは人間と違って疲労しませんし、休暇を取ることもないので、24時間365日稼働できます。つまり、業務を短時間で仕上げることができます。

 

RPAのデメリット

RPAに限らず、新しいAIやIT技術を導入する場合、ある程度のリスクを抱えます。例えば、ロボットを介した不正アクセスや情報漏洩のリスクが考えられます。ロボットに付与するIDやパスワードは、不正利用のリスクが伴うことを認識しておくべきです。第三者によるアカウントの乗っ取りや、社内からのアクセス権限の不正利用も想定し、万一の場合の対策を準備する必要があります。

 

RPAとAIの違い

AIとは「Artificial Intelligence」の略で、人工知能のことをいいます。教師データセットによるトレーニングを通して、機械に人間と同じような知能をもたせたソフトウェアのことを指します。RPAは人間が教えたルールにのっとり作業を行いますが、AIは具体的な支持がなくても、過去データに基づいて判断をし、働いてくれます。

 

AI x RPAののビジネス活用事例

AI x RPAの連携により、業務自動化の進化が期待されます。例えば、以下のようにAIを仕事場で活用することができます。

 

AI x RPAを用いたメール処理

メール処理の自動化は、業界業種関係なく導入できる企業は多いでしょう。メールの対応や処理に四苦八苦したり、無駄な時間をなくすための技術です。受信したメールから、メッセージの内容や添付ファイルを取得し、必要項目をエクセルに自動で転記し、CSVファイル化などをして管理することができます。

 

AI x RPAを用いた顧客サポートチャットボット

コールセンターのスタッフや営業担当に取って代わり、RPAのを導入し、チャットボットが問い合わせを受け付けるビジネスモデルが最近増えています。チャットボットを使えば、企業は人間を介することなくマーケティングや顧客サービスやを自動化できます。特に若年層が顧客基盤の企業なら、チャットボットの方が顧客満足度が向上する可能性が高くなります。実にミレニアル世代の60%がチャットボットを利用したことがあり、そのうち70%がチャットボットを肯定的に捉えています。

医療金融販売など、どの業界で働いていても、AI x RPAにまつわる刺激的な宣伝文句は貴社に届くでしょう。その時に、貴社や経営陣はそれにどのように対処するかを決断しなければならないでしょう。しかし、これらAI x RPAの重要な概念の関係を明確に理解していれば、突飛な夢物語に惑わされることなく、 AI x RPAを貴社の事業に活用する方法を考えることに集中できるでしょう。

 

AI x RPA サービスを紹介

業務効率化につながる、AI x RPAサービスをいくつか紹介していきます。

RPAテクノロジーズ: RPAテクノロジーズが提供するBizRobo!は、ホワイトカラーの生産性を革新する、ソフトウェアロボット(Digital Labor)の導入・運用を支援するデジタルレイバープラットフォームです。RPAによって、ホワイトカラーをルーティンワークから解放し、企業を始め社会全体の生産性向上を図り、未来の働き方を変えていきます。

システムエグゼ: システムエグゼのRPAソリューションは、総合IT企業として培った実績を結集し、RPA導入に必要な業務内容の検証から導入、定着化まで、RPA導入に必要なすべてのプロセスをワンストップで提供します。RPA導入の検証から定着化まで、ワンストップでサービスを提供されます。必要に応じて、ITインフラ構築サービス、システム開発サービス、業務改善サービスなどのオプションもあります。

ATgo自動テストRPA: ATgoとは次世代WEBシステムテスト自動化ソリューションです。WEBシステムのUIテスト、REST APIテスト及びクラウドネイティブテストを高度自動化することにより、品質向上、コスト削減を実現できます。Windows、Mac、iOS、Androidマルチプラットフォームで主なブラウザを全部サポート。

RPA Robo-Pat: 現場での利⽤に特化したサービス&画⾯設計。中⼩企業である私たちが本当に使いたいと思えるものを形にしたRPA「ロボパットDX」です。プログラミング不要で業務自動化ができます。

 

AI x RPAで業務自動化を検討されている方へ

従来のRPAのみのシステム開発は比較的簡単なものもございますが、AIも用いたものは開発時に教師データが必要となります。当社は低価格且つ高品質な学習データサービスを提供しております。世界の各タイムゾーンを渡る、100万人の認定コントリビューターが登録されているので、大規模なAIプロジェクトも素早く仕上げることができます。テキスト、画像、音声等、様々なデータタイプに300言語で対応可能です。無料見積もり・ご相談はこちらからお問い合わせください。

AI開発に肝心な学習データを提供いたします

メディア掲載結果

AI・機械学習の最新情報を配信中

Lionbridge AIのブログで紹介している事例記事やトレンドニュースといったビジネスに役立つ情報はもちろん、オープンデータセット集なども合わせてメール配信しております。