【イベントのお知らせ】Machine Learning Tokyo @Le Wagon に登壇します!

2020年01月30日

2月6日(木)にLe Wagonで開催される、Machine Learning Tokyoのイベントに登壇させていただくことが決まりました。

 

イベントの趣旨

自然言語処理は、我々が日常で使う機械やアプリケーションの基盤技術です。

今回は、弊社AI事業部長のセドリック・ヴァグレが自然言語処理の仕組みを解説し、ビジネスに応用する方法を説明させていただきます。音声アシスタント対話チャットボットなど、自然言語処理の様々な活用事例を紹介し、日本国内および海外での自然言語処理における課題についてもお話いたします。

日時: 2020年2月6日(木)
   開場 18:30
   講演 19:00〜20:15
   懇親会 20:20〜21:00

場所: Impact HUB Tokyo 
〒153-0063 東京都目黒区目黒2-11-3

 

※今回のイベントは英語で行われます。

 

登壇社紹介

ライオンブリッジジャパン株式会社 AI事業部長
Cedric Wagrez (セドリック・ヴァグレ)

フランス出身。開発ツールの会社(インフラジスティックス)、オンラインプラットフォーム(Gree)、受託開発の会社を含めて、日本のIT企業で15年以上の経歴を持つ元エンジニア・プロジェクトマネージャー。2016年より、オペレーション部長として株式会社Gengoへ参画し、2018年にはGengoがLionbridgeの子会社化。現在はLionbridgeの日本AI事業部長に就任。海外のお客様との取引経験が豊富で、日本にもベストプラクティスの知識や、革新的なAI導入の支援をすることに関心を持っている。

 

東京都内のAIイベントをもっと探す。

 

LionbridgeのAI学習データサービス

当社はAI学習データの収集、アノテーション、検証などのサービスを提供しております。どのようなAI開発プロジェクトでもしっかりと支援いたします。世界の各タイムゾーンを渡る、100万人の認定クラウドワーカーが登録されているので、大規模な機械学習プロジェクトも素早く仕上げることができます。無料見積もり・ご相談はこちらからお問い合わせください。

AI開発に肝心な学習データを提供いたします

メディア掲載結果

    AI・機械学習の最新情報をお届けします!

    Lionbridge AIのブログで紹介している事例記事やトレンドニュースといったビジネスに役立つ情報はもちろん、オープンデータセット集なども合わせてメール配信しております。