言語処理学会第26回年次大会(NLP2020)に協賛いたします

2020年01月29日

※ 重要 言語処理学会ではCOVID-19への対処法の先行きが見通せない状況を受け、参加者およびスポンサー関係者の健康・安全を第一に考慮した結果、NLP2020の現地開催を断念しました。現在、プログラムの一部をオンラインで開催できるか検討が行われています。

 

当社は、3月16日(月)〜19日(木)に茨城大学にて開催される「言語処理学会第26回年次大会(NLP2020)」に協賛いたします。

自然言語処理の進歩は、既にビジネスに大きなインパクトを生み出しつつあります。応用例として、膨大な文書を解析して価値ある知見を抽出する「テキストマイニング」やテキスト分類、また、皆さまもお使いになられている音声アシスタントなどが挙げられます。

「言語処理学会第26回年次大会(NLP2020)」の詳細は以下をご覧ください。
https://www.anlp.jp/nlp2020/

 

イベントのご案内

■開催日時■

3月16日(月) チュートリアル,スポンサーイブニング
3月17日(火) 本会議 第1日
3月18日(水) 本会議 第2日,懇親会
3月19日(木) 本会議 第3日

 

■開催場所■

会場: 茨城大学 水戸キャンパス
所在地: 〒310-8512 水戸市文京2-1-1

 

AIイベントをもっと探す。

 

LionbridgeのAI学習データサービス

当社はAI学習データの収集、アノテーション、検証などのサービスを提供しております。どのようなAI開発プロジェクトでもしっかりと支援いたします。世界の各タイムゾーンを渡る、100万人の認定クラウドワーカーが登録されているので、大規模な機械学習プロジェクトも素早く仕上げることができます。無料ご相談や見積もりは、こちらからお気軽にお問い合わせください。

AI開発に肝心な学習データを提供いたします

メディア掲載結果

    AI・機械学習の最新情報をお届けします!

    Lionbridge AIのブログで紹介している事例記事やトレンドニュースといったビジネスに役立つ情報はもちろん、オープンデータセット集なども合わせてメール配信しております。