テキストの自動読み上げ機能で業務効率化を実現する

2020年06月29日

テキスト読み上げとは

テキスト読み上げ(文章読み上げ、自動読み上げ、テキストスピーチとも呼ぶ)とは、テキストデータからの合成音声の生成をいいます。Googleテキスト読み上げのアプリや、Microsoft Officeの読み上げ音声機能などがあり、業務効率化には大変便利です。

 

テキスト読み上げのメリット

業務効率化以外にも、テキスト読み上げには様々なメリットがあります。例えば、視覚障害などで画面上の文章が読めない人たちは、読み上げ音声を使ってコミュニケーションを行うことができます。また、自動読み上げは日々のモビリティと自由の面でも大変便利です。同じ文章でも、読み上げ音声のほうが高度で、移動中にも情報をインプットすることができます。

 

テキスト読み上げの応用例

まずは、新型コロナウイルスの感染拡大防止としても最近あげられているEラーニングやAI教育ですが、読み上げ音声で教師のナレーションなどがあると、生徒たちにとっても授業内容を理解しやすいでしょう。外国語の勉強では、発音の練習にも読み上げ音声が便利です。

カスタマーサービスの面でも自動読み上げ技術は活躍できます。特に中国では、音声認識や音声合成技術を使ったカスタマーサービスが充実しています。

 

テキスト読み上げソフトやアプリ

テキスト読み上げ用のソフトやアプリを紹介していきます。

音読さん: Webサイトのテキストボックスに文章を入力すると、好みの音声で読み上げてくれます。読み上げたテキストはその場で聞くだけでなく、音声ファイル(.mp3)としてダウンロードできます。

coestation: 音声合成技術を使った、テキストスピーチのサービスです。iphoneアプリを使って、指定の文章をいくつか読み上げることで、自分の声を生成し、テキストを入力するだけで喋らせることができます。

SofTalk: テキストファイルを読み込んで、合成音声で読み上げることができるソフトです。読み上げ音声の録音にも対応可能。繰り返し読み上げるリピート再生、女性/男性/ロボットなどの多様な声質をサポートし、引数の設定、他のソフトから呼び出して自動読み上げ開始、なども可能です。

 

テキスト読み上げ用の音声データ

当社は、テキスト読み上げ技術の研究開発向けに、音声及びテキストデータを提供しております。世界の各タイムゾーンに渡る、100万人のコントリビューターが登録されているので、豊富な話者や感情表現を含む、多言語音声データの作成も可能です。無料見積もりやご相談はこちらからお問い合わせください。

音声コーパスをお探しでしたら、お気軽にお問い合わせください。 無料でお見積もりいたします。

メディア掲載結果

AI・機械学習の最新情報を配信中

Lionbridge AIのブログで紹介している事例記事やトレンドニュースといったビジネスに役立つ情報はもちろん、オープンデータセット集なども合わせてメール配信しております。