アイブン: 「論文を実装する」AI教師データの作り方講座

2020年04月20日

弊社AI事業部長のセドリック・ヴァグレが、AI論文・技術データベースメディア「アイブン」に特集されました (4月13日)。こちらから、記事をお読みいただけます。

機械学習系の論文を読む動機としては、主に以下の3つが挙げられると思います。

  • 研究トレンドが知りたい。
  • 課題に対してのアプローチや、結果の期待値が知りたい。
  • 関連する研究を知っておきたい。

このような動機は、原著の論文をそのまま読み込んだり、アイブンで要点や関連研究をまとめて読むことで達成されます。しかし、「論文の内容を実装したい」と身を乗り出したときには、教師データの準備につまずいてしまう場面もあることでしょう。

続きを読む。

教師データの作成やアノテーションサービスを提供いたします。

メディア掲載結果

    AI・機械学習の最新情報をお届けします!

    Lionbridge AIのブログで紹介している事例記事やトレンドニュースといったビジネスに役立つ情報はもちろん、オープンデータセット集なども合わせてメール配信しております。