ZDNet Japan: AIの品質を「人間の水準」に近づける、人間参加型のAI開発とは

2019年09月02日

弊社プロダクト&グロース担当バイスプレジデントのチャーリー・ワルターが、ZDNetの連載記事に特集されました (8月22日)。こちらから、記事をお読みいただけます。

2019年に入ってAIに関する否定的な報道が多くなっています。「今のAIは求められている機能を十分に果たしていないのではないか」「これ以上の進歩はないのではないか」といったネガティブな論調が増えています。

実際、世界的にAIの開発は遅れています。感情分析、検索エンジンの関連性、音声認識画像処理コンピュータビジョンなどをはじめとするさまざまなAIの能力は、まだ人間と同等の水準には至っていません。

続きを読む。

AI開発に肝心な学習データをご提供いたします

メディア掲載結果

    AI・機械学習の最新情報をお届けします!

    Lionbridge AIのブログで紹介している事例記事やトレンドニュースといったビジネスに役立つ情報はもちろん、オープンデータセット集なども合わせてメール配信しております。