画像アノテーション

画像アノテーションサービス

セマンティックセグメンテーション

画像の全てのピクセルを、コンピュータビジョンアルゴリズムが認識すべきセグメントに分割します。当社独自のプラットフォームとツールを利用して、アノテーターがピクセル単位の精度で画像内の物体に慎重にアノテーションを施します。

バウンディングボックス

専門アノテーターが、画像内の物体周りにバウンディングボックスを描きます。正確なバウンディングボックスアノテーションで、自動運転やドローンなどの物体検出の精度を改善できます。

3Dバウンディングボックス(直方体)

3D直方体アノテーションでは、画像の周りにボックスを描き、長さ、幅、おおよその高さを示します。3D直方体アノテーションサービスを利用し、自動運転や拡張現実モデルなどのコンピュータビジョンモデルに物体認識を学習させます。

キーポイントアノテーション

画像内の解剖学的な関心点にアノテーションを付けます。例えば、顔認証や感情検出の学習用に、人間の顔にキーポイントアノテーションを行います。人物の検出と動きの予測を行うためのポーズポイントアノテーションも対応可能です。

ポリゴン

物体の周りにピクセル単位のポリゴンを正確に描きます。物体の位置特定および検出アルゴリズムの学習用に役立つポリゴンは、交通画像の道路標識や航空画像内の家など、不規則な形状の物体にアノテーションを付ける場合に適しています。

画像分類

正確に分類した画像を利用して、コンピュータビジョンモデルに確かなグラウンドトゥルースを提供します。当社では、アノテーターの先入観や誤りを排除し、精度を確保する画像分類ワークフローを採用しています。専門アノテーターが、お客様ご指定のカテゴリーに画像を分類します。

作業フロー

how to crowdsource data

1. プロジェクトの設定

お客様のプロジェクト目的とスケジュールに応じたソリューションをご提案します。

how to crowdsource data
how to crowdsource data

2. アノテーション作業開始

当社の認定アノテーターが画像アノテーションを行います。

how to crowdsource data
how to crowdsource data

3. 納品

プロジェクト管理者が画像アノテーションの最終確認を行い、納品いたします。

how to crowdsource data

当社開発の画像アノテーションツール

services_image-annotation2

機械学習向けのデータセット作成から、アノテーション作業まで、当社のサービスはお客様のニーズに適応できるよう設計されています。

  • 100万人のアノテーター
  • 380言語に対応
  • 20年に渡る実績

品質保証

複数層から成る認定システムを導入しているため、当社が採用するのは、数万人に及ぶ応募者の中の上位3%のみです。認定後も定期的に審査を行い、優秀なアノテーターのみがプロジェクトに参加できるようにしています。

拡張性

100万人のアノテーターが登録されているため、大規模な画像アノテーションも正確且つ素早く作成いたします。

オーダーメイド

厳しいガイドラインに基づき、特定の方法で画像アノテーションを施す必要がある場合も、プロジェクトを迅速に完了できるよう、お客様のご要望に応じたカスタマイズしたプランを作成いたします。

services_image-annotation2

数万社におよぶ世界中の企業様にご利用いただいています

活用事例

画像アノテーションの料金プラン

当社開発のAIプラットフォームは、プロジェクトの大部分を合理化しており、業界最低価格で画像アノテーションを提供しております。お見積りや無料トライアルをご希望される方は、お問い合わせください。

  • アカウント管理者
  • プロジェクト管理者
  • 24時間サポート
  • API
  • 秘密保持契約
  • カスタムレポート作成
  • コンサルティング
  •  
ご相談・無料トライアル

画像アノテーションの関連記事

画像アノテーションの外注費は、品質水準、アノテーションのガイドライン、プロジェクト管理費などのファクターによって異なります。
自動運転AIの開発に使える車のデータセットを9件まとめました。合計すると25万台の車データがあります。
物体検出アルゴリズムを実装するにあたって、機械学習やコンピュータサイエンスの知識を身につけたAI人材でないと難しいと言われることがありますが、必ずしもそうではありません。今回はAI人材でなくても簡単に物体検出アルゴリズムを作る方法を紹介します。